オルニチン タウリン

オルニチンとタウリンの違いは?

オルニチンとタウリンの違いは?

成分

 

どちらも肝臓によい成分!

 

オルニチンとタウリンはどちらも肝臓によい成分ということで知られていますが、それぞれ異なった成分でもあります。

 

オルニチンは肝臓への働きが大きい成分で、短期的に効果を感じるものです。

 

肝臓で毒素を分解するオルニチンサイクルや、肝機能を向上させるホルモンの分泌を助けたり、
肝臓組織の修復をするなど肝臓が正常に働くために必要な成分です。

 

タウリンも肝臓に良い成分ですが、オルニチンと比べると間接的な働きをする成分です。
タウリンは間接的といっても広い範囲の健康効果が期待できます。

 

タウリンは体の序湯帯を一定に保つ機能の恒常性を維持するために必要な成分で、
恒常性が維持されるための働きがあるため肝臓には必要な成分なのです。

 

 

同時に摂取すれば更に良い結果が!?

 

それぞれ働きに違いはありますが、肝臓に良い働きをする成分で、
単独で摂取しても肝臓への効果が期待できますが、
実は同時に摂取することでさらに良い効果を得ることが期待できるのです。

 

肝臓が疲れていると感じる場合はオルニチンが効果的で摂取することで実感できます。
肝臓は自覚症状がない臓器でもあるため、常に正常な状態に肝臓を保つために摂取することも大切なことです。

 

タウリンは肝細胞の修復、細胞膜の正常化などの働きが期待できます。
長期的な肝臓の回復とがんなどの予防にも効果が期待できるのです。

 

また恒常性を保つ作用があるため広い範囲に効果が期待できる成分です。

 

オルニチンとタウリンはそれぞれ異なった作用があるため、
肝臓を正常な状態で保つためにも同時に摂取することも良い方法です。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ